HOME | story | other | 9月のよみもの

Kodak M35はフィルムを本格的に始めてみたい人に丁度いいアイテムです。フィルムカメラに興味があって使ってみたいけど、いきなりカメラを買うのは・・・という方にとってお手頃価格ですし、何より繰り返し使えるのでコスパが良いです!
ですが写ルンですと違って、フィルムを自分でセットせねばならないのがなかなか難しいところです・・・。お客様からもよくセット方法について質問いただくことが多いですし、個人的にKodak M35はフィルムのセットがしにくいカメラなんですよね(個人的に)。
ですので今回はKodak M35のフィルムセットについてご紹介していきます。

 

繰り返し使える
Kodak M35

ビギナーにオススメの35mmフィルムカメラ
ストラップ付で軽いので持ち運びにも最適、スナップにもオススメ


Kodak M35のスペック

・搭載レンズ 31mm(1枚構成)
・撮影可能距離 1m~無限
(1m未満の範囲だとピントが合いません) 
・F値=10(固定) シャッタースピード=1/120秒
フラッシュ内蔵(単四アルカリ電池1個別売)
    

M35は写ルンですとほぼ同じスペックなので、写りは写ルンですと近いレトロ感の強い写りになります。柔らかいというよりは硬い写りで色は若干鮮やかめに出る印象です。
写ルンですと違って色んなフィルムを試すことができるので、自分の好きな色や雰囲気を追求できるのが魅力的です。

    

フラッシュ内蔵なので写ルンですと同様に明るい室内や、夜の撮影などに使うことができます。M35のほうが若干フラッシュが柔らかくて白トビしずらい・・・ような気がします。

Kodak M35のフィルムセットの仕方


〇突起にひっかける

きちんと巻けてるか確認しよう


①フィルムの先端を突起に引っかけて1周半ぐらい巻き上げレバーをまわす
②巻き上げレバーを回した時にフィルムが巻き上がっていればそのまま蓋を閉めます
③★蓋を閉めたらカウンターが「1」になるまでシャッターをきります

その時に巻き上げと巻き戻しクランクの動きが連動していることを確認しましょう
巻き上げる時に巻き戻しクランクも一緒に回っていれば、セット完了です

巻き戻しクランク

Kodak M35のフィルム巻き戻し方


 
①枚数分撮り終わると巻き上げが出来なくなります。 巻き上げレバーが動かなくなったら、無理にフィルムを送らないようにしましょう。フィルムが破れてしまう可能性があります。
 
②手動のカメラはフィルムを巻き上げるとき、大体のものは巻き戻しボタンというものがついています(レバーのものもある)。
必ず巻き戻しボタンを押しながら巻き戻しクランクを時計回りに回します。押さずに回してしまうとフィルムが破れる可能性があります。
 
③巻き戻しが軽くなったら裏蓋を開けてフィルムを取り出しましょう。